惑星之歌

Lyricist: Heart    Composer: Heart

誰にも知られず消えてく流星
平気なようなふりをした孤独な熱

ここからどんなに祈っても
あなたには届かない
この宙(そら)の色がなんだか切なすぎて Ah....

絶対もう忘れないから
ちょっとだけでも触れていたい
弱くて脆くて健気で儚く揺れる
この時間の果てまで待ってるから

誰にも気付かれず叫んでる惑星
酸素のような言い訳で身を包んだ

ここから見えてる景色は
もう二度と変わらない
あなたを表す光が届くまでは Ah....

絶対もう迷わないよ
だってこれ以上泣きたくない
強くて鈍くてまっすぐ続く希望が
愛というものだったなら Ah....

絶対もう忘れないから
ちょっとだけでも触れてたいんだよ
弱くて脆くて健気で儚く揺れる
この時間の果てまで待ってるから