∞ (feat. 初音ミク)

Lyricist: cosMo@暴走P    Composer: cosMo@暴走P

心の螺子が巻かれる 他の誰かを演じるために
この口は言葉を選ばない それは架せられた 宿命

他に何も望まないと 昼も夜も歌を止めず
違う何かを昇華すると 信じないと壊れそうで

音を紡ぐ すべてを忘れるほどに 祈り捧ぐは 終わらない夢
果てしなく続く 青の世界 歌えるのがただ嬉しくて嬉しくて

身を焼くような激しい「別れ-DEADEND...」に上書きして
新しい物語の結末を
今ならどこまでも・・・・・・とそんな陳腐な言葉
物足りなくて 最後に叫んでみる
∞INFINITY∞

心は鏡のように 誰かの妄想を映すために
「強く抱きしめれば音も出よう」それは架せられた宿命

永く永く愛されたい 星に願いかけたそして
言葉を捨て 心を捨て 本来の姿に戻る

歌い叫ぶ音 これでいいのと 名残惜しいのは 愛というユメ
思考さえも霞む 白の世界 何もないはずなのに なぜかやさしくて

冷たく暗い森の「孤独-WORST End...」を書き換えて
真実の物語の結末を
愛することができた そんな昔の話
残したくて 最後に叫んでみる
∞INFINITY∞

歌い叫ぶ これでいいのと 名残惜しいのは 愛というユメ
果てしなく続く 青の世界
歌えるのが ただ嬉しくて嬉しくて

数え切れないほどの 楽譜を読みこんで
完成へと進んでゆく ストーリー
まだ先は遠いけど きっといつの日にか
笑い会えるの信じて 歌い続ける

無限の可能性は 自己の像を暈し 面影さえ 記憶の端へ押し流す
気持ち伝える 手段を 失った今でも
大切なヒトが ボクの名前を呼んでいる

VOCALOID