少女ロボット

Lyricist: シーナ・リンゴ    Composer: シーナ・リンゴ

詰まらない
今日は眼を使わないで欲しい
下らない こんな あたしは大っ嫌い

振り返れば何時も恥ずかしいくらい淋しくて
ざわめいた街路樹が 涙を誘う迄
気付かなかったのです

忘れたい 今日は帰らないで欲しい
構わない こんな あたしは どうなっても

寄り添って愛と呼び壊れないと信じていても
錆付いた快楽は何処から期待したって
亡きものなのです

佞言は忠に似たり

果敢無い記号の様な 此の身を犠牲と知ったら
溶け合って絶える夢 貴方と見たくて…
間違いがあったなら 二人が出逢った真実
ただ どうしてヒトは是程頭脳を発達させたのでしょう

壊れないと信じていても
錆付いた快楽は何処から期待したって
亡きものなのです