Shangri-La

Lyricist: Atsuko    Composer: Atsuko, Katsu

愚かでいいのだろう 見渡す夢の痕
さよなら 蒼き日々よ

流れに身を任せ いつか大人になって行き
少しずつ汚れてゆく事なの?
熟した果実だけ 選ばれて
ナイフで裂かれて 呑み込まれる前に

僕等は目指した Shangri-La
欲望を抑えきれずに
空想にまみれた 「自由」を求め続けた
今なら言えるだろう 此処がそう楽園さ
さよなら 蒼き日々よ

大切な何かを 踏み台にしてまでも
一番高い林檎 掴みたかった
無くしてから気付く 尊いモノ
幼い僕等は 的はずれだらけさ

満ち足りた日々の制圧は
情緒不安定になる
傷を負ってでも 羽ばたきたいと願うよ
愚かでいいのだろう 見渡す夢の痕
さよなら 蒼き日々よ

輝く空は 無邪気さを装い
全てを知っていた

僕等は目指した Shangri-La
欲望を抑えきれずに
空想にまみれた 「自由」を求め続けた

距離をおいてこそ 自分の大きさを知る
未熟な心は それさえ分からないまま
今なら言えるだろう 此処がそう楽園さ
さよなら 蒼き日々よ