66番目の汽車に乗って

Lyricist: 河邉徹    Composer: 杉本雄治

星の夢を見ていたよ
なぜだかわからないけど
目が覚めてこぼれ落ちた大粒涙

今夜は星が綺麗だと
手をのばしてもたどりつけなくて
夢の中なら届く気がしたんだ
流れ星が線路のようにほら

そしてベッドの上やってくる
目を閉じると見えるのは
長い影夜の夢を支配する汽笛のメロディー

きらめく星空レールに変えて走りだせ
do YOU ride on No.66? あの月を超えて
あふれる光この手につかめますように
そっと目を閉じて星に願いを

眠れない夜もあるけど
眠りたくない夜もあるんだ そして
今夜も星が綺麗だよ
ねえ聞いて繋いでいたいよ
いつかは目が覚める夢でも

いつもホームの上待っていた
いつ来るかもわからずに
来ると信じ目を閉じずっと待っていた 星降る夜に

こんなきれいな星の夜にいつも
届かない思いこみ上げてくるのはなぜ??
来てよNo.66土星の輪をくぐって
眠れない夜も越えて行けるように

夜の空浮かぶ月に 大胆に影を落とし
霞んでたあの星今照らしだす 汽笛のメロディー

遠い空から見下ろした夜の街
まるで星のように輝いて見えたんだ
それも欲しかった全部
目が覚めれば大粒涙こぼれ落ちた

お願いNo.66 「夢の記憶」も一緒に降ろしてきてほしい