Hitomino Juunin(眼中人)

Lyricist: hyde    Composer: tetsu
数えきれない…でも少しの歳月は流れ
數不清…縱使有些許歲月流逝
いったい君の事をどれくらい分かってるのかな?
我到底瞭解妳多少?
指先で地図辿るようには上手く行かないね
彷彿用指尖搜尋地圖般無法順利抵達
気づいているよ不安そうな顔 隠してるくらい
我感覺到妳藏匿起來的不安臉龐

急ぎ足の明日へと抵抗するように
彷彿抗拒快步邁向明天般
駆け回っていても不思議なくらい…この胸は君を描くよ
即使四處遊走也讓人感覺不可思議…胸膛中描繪著妳

見上げれば輝きは色褪せず溢れていた
抬頭仰望 滿溢不褪色的光輝色彩
どんな時も照らしてるあの太陽のようになれたなら
化成無論何時都照耀大地的陽光般

もう少しだけ君の匂いに…抱かれていたいな+
只要有一點屬於妳的味道…就想擁抱
外の空気に首輪を引かれ僕は背を向けた
外頭的空氣 讓被頸鍊引領的我背向妳

白く滲んだ 溜め息に知らされる季節を
因透出白霧氣息讓人知曉的季節
繰り返しながらふと思うのさ…なぜ僕はここに居るんだろう?
週而復始便會不經意的想起…為何我會在此?

そばにいてずっと君の笑顔を見つめていたい
想要一直待在妳身旁視妳的笑容
移り行く瞬間をその瞳に住んでいたい
想讓瞬息萬變的瞬間 住在那對眼睛裡
どこまでも穏やかな色彩に彩られた
無論到何處都有讓人心情安穩的色彩點綴
一つの風景画の中寄り添うように時を止めて欲しい永遠に
猶如一富風情畫般的 想要讓時間停止流轉 化做永恆

そばにいてずっと君の笑顔を見つめていたい
想要一直待在你身旁視妳的笑容
移り行く瞬間をその瞳に住んでいたい
想讓瞬息萬變的瞬間 住在那對眼睛裡
いつの日か鮮やかな季節へと連れ出せたら
終有一天會引領我們前往美麗的季節
雪のように空に咲く花のもとへ…花のもとへ
到如白雪般在晴空下綻放的花朵旁…到花朵旁