光の中へ

Lyricist: ミゾベリョウ    Composer: 森山公稀

空気が冷たくなりはじめている
目に見えないほどに遅く
時間が経っている
誰一人気付かぬ間に
ただ今日が終わってしまう気がした
目を合わせ僕がひとつだけ頷いたら
君だけに知らせていた合図だ

扉をあけてここを出よう
この気持ちが歳を取る前に
生きていく またひとつ答えを出す
今ならまだ間に合うと思う

離れていく雲の流れを見つけて
君は少し眩しそうにその目を細めた
どこまでも響いていくのかい
言葉は スネアのロールは
もし君に最後の音が聞こえたとしたら
離れてもそれが合図だ

灯を分けるトーチのように
暗い中で抱きしめあった
降る雨にかき消されぬように
ただ強く僕らは闇の先を見ている

朝が来て光がさす
あの温度を あの美しさを
覚えている
そうやってまた
僕らは変わっていける