吉原ラメント (feat. 重音テト)

Lyricist: 亜沙    Composer: 亜沙
吉原ラメント (吉原哀歌)
唄:重音テト
作詞:亜沙
作曲:亜沙
編曲:亜沙



江戸(えど)の町(まち)は 今日(きょう)も深(ふか)く
夜(よる)の帳(とばり) かけて行(ゆ)く
鏡向(かがみむ)いて 紅(べに)を引(ひ)いて
応(おう)じるまま 受(う)け入(い)れるまま

橙色(だいだいいろ) 輝(かがや)いた花(はな)
憧(あこが)れてた 望(のぞ)んでいた
いつのまにか 藍色(あいいろ)の花(はな)
けれど私(わたし) 安(やす)くないわ


真(まこと)はただ一人(ひとり)の何方(どなた)かのため
だけに咲(さ)いていたかったのだけれど
運命(うんめい)はわっちの自由(じゆう)を奪(うば)いそいで
歯車(はぐるま)を廻(まわ)して行(い)くのでありんす


偽(いつわ)りだらけの恋愛(れんあい)
そして私(わたし)を抱(だ)くのね
悲(かな)しいくらいに感(かん)じたふりの
吉原(よしわら) 今日(きょう)は雨(あめ)

貴方様(あなたさま) どうか私(わたし)を
買(か)っていただけないでしょうか
咲(さ)き出(だ)す 傘(かさ)の群(む)れに
濡(ぬ)れる 私(わたし)は雨(あめ)


行(い)き交(か)う群(む)れ 賑(にぎ)わう声(こえ)が
ひしめき合(あ)い もつれ合(あ)い
願(ねが)うことは どうかいつか
鳥籠(とりかご)の外(そと) 連(つ)れ出(だ)して


真(まこと)は行(い)くあてなど無(む)くなってしまいんしたのだけれど
此方(こちら)の籠(かご)の中(なか)から見(み)える景色(けしき)だけは
わっちをいつなる時(とき)も癒(いや)してくれるのでありんす


偽(いつわ)りだらけの恋愛(れんあい)
そして私(わたし)を買(か)うのね
私(わたし)に咲(さ)いた花(はな)びら
濡(ぬ)れる心(こころ)に降(ふ)るは 雨(あめ)

貴方様(あなたさま)どうか私(わたし)と
一夜限(いちやかぎ)りの戯(たわむ)れを
望(のぞ)む シミの数(かず)が
鈍(にぶ)く 心(こころ)に刺(さ)さる


憂(うれ)いを帯(お)びた花(はな)

望(のぞ)む 果(は)てる

ようこそ おいでくんなまし


恋人(こいびと)ごっこの夜(よる)に
吐息(といき)「あっアッ」と鳴(な)かせて
悲(かな)しいくらいに感(かん)じた振(ふ)りの
吉原(よしわら)今日(きょう)も 雨(あめ)

偽(いつわ)りだらけの恋愛(れんあい)
そして私(わたし)を抱(だ)くのね
悲(かな)しいくらいに感(かん)じたふりの
吉原(よしわら)今日(きょう)は 雨(あめ)

貴方様(あなたさま) どうか私(わたし)を
買(か)っていただけないでしょうか
咲(さ)き出(だ)す 傘(かさ)の群(む)れに
濡(ぬ)れる 私(わたし)は雨(あめ)