ラクダのラッパ

Lyricist: 森山直太朗・御徒町凧    Composer: 森山直太朗・御徒町凧

カレンダーにシルシを付けて
伏し目で何を見てるんだ
目の前にいる大切な人さえ
守ることさえ出来やしないのに
アクセサリーで飾り立て
お前は誰と話してるんだ
俺はずっとここにいるのに
俺はずうっとここにいるのに

笑うかい 笑うよな だけどお前も似たようなもんだよ
駱駝のラッパが聴こえるか? OhOh 俺にはさっぱり聴こえないんだ

十度の違いも気付かないのか
ジュードって奴の名前じゃないぜ
言葉が異様に迫ってくるさ
満月は今、俺を見てだし 艶々してる
音楽したいと思っていたよ
音楽って絶対気持ちがいいんだ
砂漠の駱駝の隊商が ラッパを吹いている、
そんな感じさ

笑うかい 笑うよな 感覚さえもやり過ごしてるんだ
駱駝のラッパが聴こえるか? OhOh 最近、親父の電話が止んだよ

星空なんか便りにしてさ
旅に出たのさ 生まれる前は
勇気は風が削っちまった
生きているってハンパじゃねぇや
空見上げれば石に躓く
なんだか世の中よく出来てるし
神様はまだ寝ぼけてるんだよ
戦争なんか止めさしゃいいのに

笑うかい 笑うだろ そうさ悲しい時こそ笑けるもんだよ
駱駝のラッパが聴こえるか? OhOh お前の命はグラムでいくらだ

笑うかい 笑うよな 駱駝のラッパが聴こえるか? OhOh
俺にはさっぱり聴こえないんだ