Lyricist: 小渕健太郎    Composer: 小渕健太郎

日暮れと夜の 境界線定める星が 一つ二つ灯り始めた
朱色の海辺に君と 波の声が響く
潮風に髪をまかせて 海を見つめてる横顔が 月明かりの青に染まる
見上げれば星座の群れ そっと手をかざせば
降ってきそうな光は 遥か時を越えた奇跡
かすかに聞こえている 確かな未来の足音に 耳を澄ましていよう
無邪気な背中に そっと願いを込める

スカートのすそを結んで 靴放り投げて走り出す
水辺の月を壊しては
「もう何処にも行かないよ」って
いたずらな瞳が 僕を見透かすように 笑っている
いつも戸惑わせる
かすかに聞こえている 確かな未来の足音に 耳を澄ましていよう
白いキャンバスに 君の色が増えてく

移りゆく時に流されないで
困難も 乗り越えて行けるように もっと強く愛して
昨日より今日 果てなき明日へと いくつも重ねてきた
季節は どれもが色あせず 強く輝いている
かすかに聞こえている 確かな未来の足音に 耳を澄ましていよう
いくつも重ねてきた 季節は どれもが色あせず 強く輝いている

かすかに聞こえている 確かな未来の足音に 耳を澄ましていよう
白いキャンバスに 君の色が増えてく
流れてく星たちに そっと願いを込める