君は五番目の季節

Lyricist: 森山直太朗    Composer: 森山直太朗

君と別れていくつかの季節が過ぎていった
僕はもう君の知らない町で君の知らない歌を唄っているよ

勝手気侭なタンポポの綿毛を指で追って
国道の緩いカーブを超えてあの日のままの君の影を抱いた

それ故に春が来て夏が来て秋が来て冬が来て
今年もまた君がやって来る
君は僕に訪れる五番目の季節
君は五番目の季節

何故に世界はこんなにも麗らかで悲しいんだろう
夢にまで及ぶ君の遺香を返す返す暮れる空に放った

去り行かば春が来て夏が来て秋が来て冬が来て
今年もまた君がやって来る
君は僕に訪れる五番目の季節

風に遊ぶ白いカーテンの向こう側
七色の夢が踊る二度と戻らない頃

目眩(めくるめ)く悠遠(ゆうえん)に願わくば嗚呼(ああ)

春が来て夏が来て秋が来て冬が来て
今年もまた君がやって来る
君は僕に訪れる

それ故に春が来て夏が来て秋が来て冬が来て
いつの日か終わりのない思い出に変わる
君は五番目の季節

僕の最愛の人よ