かつては男と女

Lyricist: 椎名林檎    Composer: 浮雲

さざめく青さの盛り、立ち止まる術が無くて
巡る季節を先取りしていた。瞬く若さも終わり。
「この侭昔のように・・」
暮れ行く空を眺めて居たいと思って見上げる。

ひと気のない湿った目抜き通り。
夕涼に視線を逃がしながら
「お互い老けたね。」と、言う貴方の表情は
子供のようで、あどけなく八重歯を残す。
見慣れた笑顔その口元へ、

一度触れれば二人再び始まりそう、
堅く利き手を握り締めている。一言漏らせば終わり。
「この侭昔のように・・」
暮れ行く街に紛れて居たいと思って飲み込む。