歌曲

落花流水

試聽 聽全曲

心を持ち寄って重ねた日々の中に
手離してしまった景色がいくつあったろう
静かな体温が触れていた夜の隙間
変わらないものを探して歩いた

痛みを伴って並べた幸せなら
忘れる事が怖くて仕方ないよな
静かな心じゃいられない 醜くとも
変わりゆくものを今日だって見送った
いずれ来るさよならの奥で
消し去れない程の焦燥を
明日の二人が此処にいたら
どんな言葉を交わすのだろう
君の姿が褪せないように
今、見た景色は手離さないで
それが僕らになるから

言葉を失った季節の美しさも
やがては心の最果てで乾くのだろう
煩い心に任せて夜の先へ
面倒な痛みは此処に捨てて行け
いずれ去る刹那の感情へ
恋々と残る花束を
明日の光を求めるのは
あまりに酷く切なくなるの
君の心に届くように
今、見た景色は手離さないよ
それが僕らの証明だ

夏の雨も冬の熱も
秋の棘も春の色も
あなたのもの
あなただけのもの

明日の二人が此処にいたら
どんな言葉を交わすのだろう
君の姿が褪せないように
今、見た景色は手離さないで
今、居る世界を愛してみようぜ
それが僕らになるから