Fomalhaut (feat. 初音ミク)

作詞:IIG   作曲:IIG

赤く沈む陽見送った 鳥たちが後を追い
高い空に別れを告げた 宵闇の蓋をして
何気ない日々 人々は繰り返す 信じても
昨日出会った景色にさえ 一秒も戻れない

小さな日常終わる その度に何かが薄れていくの
並んで歩いた 交わした言葉 ちらついて霞んだ

遙か遠くの星の光のように
せめて胸の片隅に残されて欲しいよ
あの日見上げた空のフォーマルハウト
輝きだけが変わらない 今もこうして空に

窓を叩く滴見てた 風のこえ通り過ぎ
天蓋は厚い幕を開けた 星空を覗かせて
何気ない日々 人々は紡いでる 信じても
昨日残した記憶にさえ 一秒も戻れない

小さな日常終わる その度に何かが離れていくの
繋いだ手の平 結んだ絆 ちらついて霞んだ

遙か遠くの星が瞬くように
長い時間をかけてでも届ければいいのに
あの日見上げた空のフォーマルハウト
輝きだけが変わらない 今もこうして空に
遠い昔の光