Thunderbird

作詞:井上秋緒     作曲:浅倉大介

月灯りの部屋 心の隅々まで 痛くしよう
君の手の中で 一欠けの氷のよう 溶けてゆけるなら

波のない街で 浮かんだ陽炎に
包まれて行く 命はまだ 咲いていくから

孤独な羽根を曝して 君だけの 羽ばたきを見せて
まばゆい時を 踊り続けよう 力尽きるまでに

飾らない心 指輪だらけの指先 探すけれど
ポケットの鍵を いじくるように 誰かの傷に触って

燃え移りそうに 瞬く星たちは
絶えた祈りに 熱を放ち 消えてゆくのか

叶わぬ夢を散らして この胸に 響く情熱は
炎を待てず 声もかすかに 乱れもがいているよ

孤独な羽根を重ねて 生まれては 羽ばたく想いを
信じてるなら 愛を聞かせて 頬を濡らすまでに

ねえ 誰かが囁いてるよ この夜の扉の向こうで
移ろい揺れる 願いの果てに 愛を求めながら