作詞:小出佑介   作曲:小出佑介



都市(まち)の真上(まうえ)では、ほとんどが夜(よる)
machi no maue de wa hotondo ga yoru

手(て)のひらにいっばいの花(はな)びらを舞い(まい)上げ(あげ)たい
te no hirani ibbai no hana bira wo mai age tai


彼女(かのじょ)は常識(じょうしき)をくつがえす
kanojo wa joushiki wo kutsugaesu

月明かり(つきあかり)浴び(あび)て電気(でんき)みたいな風(かぜ)が
tsukiakari abi te denki mi naina kaze ga

気持ち(きもち)いい
kimochi ii


お祭り(まつり)のあとの あとの祭り(まつり) 永遠(えいえん)か
o matsuri no ato no ato no matsuri eien ka

夏(なつ)の終わり(おわり)のあとの やや肌寒い(はださむい)
natsu no owari no ato no yaya hadasamui

夜(よる)のあとさき
yoru no atosaki


天空(てんくう)の都市(まち)は、聖なる(せいなる)夜(よる)
tenkuu no machi wa seinaru yoru

初め(はじめ)て傷つく(きずつく)なら君(きみ)がいい、空気(くうき)
hajimete kizukku nara kimi ga ii kuuki


誰(だれ)にも内緒(ないしょ)で繰り(くり)返す(かえす)
dare nimo naisho de kuri kaesu

英語(えいご)の愛(あい)の言葉(ことば)
eigo no ai no kotoba

筒抜け(つつぬけ)になってる
tsutsunuke ni natteru

気持ち(きもち)悪い(わるい)
kimochi warui


お祭り(まつり)のあとの あとの祭り(まつり) 永遠(えいえん)か
o matsuri no ato no ato no matsuri eien ka

夏(なつ)の終わり(おわり)のあとの やや肌寒い(はださむい)
natsu no owari no ato no yaya hadasamui

夜(よる)のあとさき
yoru no atosaki


解け(とけ)ない呪い(のろい)は
toke nai noroi wa

太陽(たいよう)のシーズンのシャドウ
taiyou no shiizun no shadou

手(て)つかずの海(うみ)へ沈み(しずみ)たい
te tsukazu no umi he shizumi tai


天空(てんくう)の都市(まち)は、静か(しずか)な夜(よる)
tenkuu no machi wa shizuka na yoru

手(て)のひらにいっばいの花(はな)びらを舞い(まい)上げ(あげ)たい
te no hirani ibbai no hana bira wo mai age tai

素敵(すてき)な絆(きずな)は涙に(なみだに)なる
suteki na kizuna wa namidani naru

初め(はじめ)て傷つく(きずつく)なら君(きみ)がいい、
hajime te kizutsuku nara kimi ga ii

空気(くうき)…気持ち(きもち)悪い(わるい)
kuuki kimochi warui


お祭り(まつり)のあとの あとの祭り(まつり) 永遠(えいえん)か
o matsuri no ato no ato no matsuri eien ka

夏(なつ)の終わり(おわり)のあとの やや肌寒い(はださむい) 夜(よる)の
natsu no owari no ato no yaya hadasamui yoru no

あの、お祭り(まつり)のあとの あとの祭り(まつり) Round and round
ano o matsuri ato no ato no matsuri Round and round

夏(なつ)の終わり(おわり)のあとの やや肌寒い(はださむい)
natsu no owari no ato no yaya hadasamui

夜(よる)のあとさき
yoru no atosaki

祭りのあと

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:小出佑介   作曲:小出佑介



都市(まち)の真上(まうえ)では、ほとんどが夜(よる)
machi no maue de wa hotondo ga yoru

手(て)のひらにいっばいの花(はな)びらを舞い(まい)上げ(あげ)たい
te no hirani ibbai no hana bira wo mai age tai


彼女(かのじょ)は常識(じょうしき)をくつがえす
kanojo wa joushiki wo kutsugaesu

月明かり(つきあかり)浴び(あび)て電気(でんき)みたいな風(かぜ)が
tsukiakari abi te denki mi naina kaze ga

気持ち(きもち)いい
kimochi ii


お祭り(まつり)のあとの あとの祭り(まつり) 永遠(えいえん)か
o matsuri no ato no ato no matsuri eien ka

夏(なつ)の終わり(おわり)のあとの やや肌寒い(はださむい)
natsu no owari no ato no yaya hadasamui

夜(よる)のあとさき
yoru no atosaki


天空(てんくう)の都市(まち)は、聖なる(せいなる)夜(よる)
tenkuu no machi wa seinaru yoru

初め(はじめ)て傷つく(きずつく)なら君(きみ)がいい、空気(くうき)
hajimete kizukku nara kimi ga ii kuuki


誰(だれ)にも内緒(ないしょ)で繰り(くり)返す(かえす)
dare nimo naisho de kuri kaesu

英語(えいご)の愛(あい)の言葉(ことば)
eigo no ai no kotoba

筒抜け(つつぬけ)になってる
tsutsunuke ni natteru

気持ち(きもち)悪い(わるい)
kimochi warui


お祭り(まつり)のあとの あとの祭り(まつり) 永遠(えいえん)か
o matsuri no ato no ato no matsuri eien ka

夏(なつ)の終わり(おわり)のあとの やや肌寒い(はださむい)
natsu no owari no ato no yaya hadasamui

夜(よる)のあとさき
yoru no atosaki


解け(とけ)ない呪い(のろい)は
toke nai noroi wa

太陽(たいよう)のシーズンのシャドウ
taiyou no shiizun no shadou

手(て)つかずの海(うみ)へ沈み(しずみ)たい
te tsukazu no umi he shizumi tai


天空(てんくう)の都市(まち)は、静か(しずか)な夜(よる)
tenkuu no machi wa shizuka na yoru

手(て)のひらにいっばいの花(はな)びらを舞い(まい)上げ(あげ)たい
te no hirani ibbai no hana bira wo mai age tai

素敵(すてき)な絆(きずな)は涙に(なみだに)なる
suteki na kizuna wa namidani naru

初め(はじめ)て傷つく(きずつく)なら君(きみ)がいい、
hajime te kizutsuku nara kimi ga ii

空気(くうき)…気持ち(きもち)悪い(わるい)
kuuki kimochi warui


お祭り(まつり)のあとの あとの祭り(まつり) 永遠(えいえん)か
o matsuri no ato no ato no matsuri eien ka

夏(なつ)の終わり(おわり)のあとの やや肌寒い(はださむい) 夜(よる)の
natsu no owari no ato no yaya hadasamui yoru no

あの、お祭り(まつり)のあとの あとの祭り(まつり) Round and round
ano o matsuri ato no ato no matsuri Round and round

夏(なつ)の終わり(おわり)のあとの やや肌寒い(はださむい)
natsu no owari no ato no yaya hadasamui

夜(よる)のあとさき
yoru no atosaki