Once Again

作詞:jam・川畑要    作曲:藤本和則

夢は何度でも 光へと変わる
信じるままに 手を伸ばせばいい
これからは一人じゃない
始まりを今始めよう 君と

がむしゃらに過ごした日々 刻まれるページの
大切さにも 何一つ 気づけてはなかった

許される時間は増え 余計なことまで
知りはじめては 見失い 夢からも遠ざかっていた

君が僕の名前を呼ぶ 手探りの闇の中で
その声の 静かな強さ 僕に 光を投げてくれた

どんな遠くても 走り続けてく
ひとつの空を 君と分け合って
僕はもう 僕のままで
いられると 分かったんだ

夢は何度でも 光へと変わる
信じるままに 手を伸ばせばいい
これからは一人じゃない
始まりを今始めよう 君と

敵と味方のふたつに
世界を分けてた
臆病なのは 僕の方
君だけが 分かってたね

雨が降れば 濡れたらいい
そんな簡単なことさ
もう一度 子供のように
両手 風に大きく広げ

探し続けてく 太陽のカケラ
心が強く 指を差す場所へ
影のない光なんて
もう二度と 欲しがらない

人は何度でも 答えを見つける
真っすぐ強く 目を開けばいい
僕はもう一人じゃない
ここから明日に近づいて ゆこう

寝惚けた目擦り家飛び出した まだ眠る街を駆け出した
握りしめた 手のひらで暴れるデッカイ夢胸詰め込んだ
勝ち目の無いゲームでもいいさ 笑われるようが何ともないさ
体駆け巡る熱い思いが 自信で満ち溢れていた

窓に映る自分に 強くうなづきかけた

どんな遠くても 走り続けてく
ひとつの空を 君と分け合って
僕はもう 僕のままで
いられると 分かったんだ

夢は何度でも 光へと変わる
信じるままに 掴み取ればいい
こらからは一人じゃない
始まりを今始めよう 君と