超越克服

作詞:ぼくのりりっくのぼうよみ    作曲:ELECTROCUTICA・ぼくのりりっくのぼうよみ

己が魂と 向き合う日々を
雪のはらりはらりと 舞う季節に
歩みと共に 背負っていく罪を
振り返るその度に 心が痛む
明けの明星を やけに覚えている
その朝 人間を捨てた

無数の虫達が蠢く 仄暗い森
息遣いが荒くなる 駆け出す 草を踏む音
追っ手は喉元まで迫る 怪物の気配
暗闇には数多の眼が
湿り気を帯びて 瞬くような
振り払いたい幻覚
纏わりつく輪郭に
Stars don't see me now……
Stars can't reach me now, far away
何処へ逃げても消えない
この影は死ぬまで消えない

ああ化物は 自分そのもので
偽りの自分を本物と思っていた
幼稚な贋作を崇めた末に 歪んだ過去
もう取り戻せない感覚を
破壊することで証明しよう

鎮座する 神の死骸を
踏んで越えて 新しい世界へ
没落の果てに向かって
淡々と沈んでいく

染み込んだ常識の鎖を
破壊していく 解き放たれていく
純白を奪いとる

誰も 見たことのない 景色が見たい
まっさらな雪
身を焦がす炎のなかで
真っ青な未来を見る

人と人の間でしか
息ができなくて
それでも生まれたことが
間違いではないなら

この雪原からやり直そう
積んできた過去は燃やしてしまえ
背負った罪も得てきた名誉も
総ては過去 終わったこと
過去によって定義される
他人によって定義される
それが人間だと言うなら
その先の世界が見たい
その先の世界へ行きたい

どこで間違った? どこからやり直せば
取り戻せるのか? この後悔は
いつ失敗した? どこで間違えた?
何をやり直せば 取り戻せる?

鎮座する 神の死骸を
踏んで越えて 新しい世界へ
没落の果てに向かって
淡々と沈んでいく

染み込んだ常識の鎖を
破壊していく 解き放たれていく

誰も 見たことのない 景色が見たい
まっさらな雪
身を焦がす炎のなかで
真っ青な未来を見る