作詞:悪ノP    作曲:悪ノP

「生きていてごめんなさい」
弱音を吐いた少女
村の人とは違う 白い髪
森の奥の千年樹 彼女は跪いて
友達がほしいって願った
僕は彼女の願い かなえてあげたかった
だけどこの体では できない
そんな時に現れた 気まぐれな魔導師が
精霊の僕を人に 生まれ変わらせた

僕はまだ知らない
森の外の世界のことを
だからわからない
あの娘はどうして泣いてるの?
平和で退屈 素晴らしいことのはずなのに
だけどわからない
あなたはどうして泣いてるの?
夢も種族も価値観も
異なる二人が今であった

千年樹の誓い 響け地の果てまで
滅びの運命つなぎとめるヴィーゲンリート
あなたとの違い だけど惹かれあった
守ってあげるだからそばにいて

精霊の僕が 人間の私へと変わる
この姿でなら あなたと分かり合えるかもね
新しい街での 暮らしが心を震わせる
どんな場所だって 二人一緒なら大丈夫
人として生きる喜び
少しずつ分かり始めていた

千年樹の誓い 響け空を超えて
滅びの運命 つなぎとめるヴィーゲンリート
変わってく二人 寂しくもあるけど
あなたの笑顔見れるならば いい

夜の晩さん会であった海の国の王
滅びの運命 そこから動き始めたんだ
私を愛した彼は隣の国の王女の
求婚を拒み 怒りの炎が国を包む
離れ離れになる二人今ならわかるあなたへの思い

千年樹の誓い 響けあなたのもとへ
たとえ精霊に戻れないとしても
固めた決意は もう揺らぐこともない
あなたのことを愛している

たとえ世界のすべての人が (たとえ世界のすべての人が)
あなたを蔑み笑っても (私を蔑み笑っても)
私があなたを守るから (必要としてくれる人がいる)
あなたはいつでも笑っていて (それだけで幸せだった)

もしもあなたが 無事生き延びて
そして再会できたならば
森で二人仲良く暮らそうよ
ここでいつまでも待っているから

暗い井戸の底 夜空にはきれいな月
胸には深く刺さった ナイフ
銀の髪の刺客は 何処かへと立ち去り
悪の真実は 闇の中
透き通った白い髪 不器用な笑顔
どうかどうか生きていて 生き続けて
もしもあなたに逢えたら
伝えたいことがあったの
もしも生まれ変われるならば
生まれわれるのならば・・・

出自專輯

樹の乙女~千年のヴィーゲンリート~ (feat. 初音ミク)

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:悪ノP    作曲:悪ノP

「生きていてごめんなさい」
弱音を吐いた少女
村の人とは違う 白い髪
森の奥の千年樹 彼女は跪いて
友達がほしいって願った
僕は彼女の願い かなえてあげたかった
だけどこの体では できない
そんな時に現れた 気まぐれな魔導師が
精霊の僕を人に 生まれ変わらせた

僕はまだ知らない
森の外の世界のことを
だからわからない
あの娘はどうして泣いてるの?
平和で退屈 素晴らしいことのはずなのに
だけどわからない
あなたはどうして泣いてるの?
夢も種族も価値観も
異なる二人が今であった

千年樹の誓い 響け地の果てまで
滅びの運命つなぎとめるヴィーゲンリート
あなたとの違い だけど惹かれあった
守ってあげるだからそばにいて

精霊の僕が 人間の私へと変わる
この姿でなら あなたと分かり合えるかもね
新しい街での 暮らしが心を震わせる
どんな場所だって 二人一緒なら大丈夫
人として生きる喜び
少しずつ分かり始めていた

千年樹の誓い 響け空を超えて
滅びの運命 つなぎとめるヴィーゲンリート
変わってく二人 寂しくもあるけど
あなたの笑顔見れるならば いい

夜の晩さん会であった海の国の王
滅びの運命 そこから動き始めたんだ
私を愛した彼は隣の国の王女の
求婚を拒み 怒りの炎が国を包む
離れ離れになる二人今ならわかるあなたへの思い

千年樹の誓い 響けあなたのもとへ
たとえ精霊に戻れないとしても
固めた決意は もう揺らぐこともない
あなたのことを愛している

たとえ世界のすべての人が (たとえ世界のすべての人が)
あなたを蔑み笑っても (私を蔑み笑っても)
私があなたを守るから (必要としてくれる人がいる)
あなたはいつでも笑っていて (それだけで幸せだった)

もしもあなたが 無事生き延びて
そして再会できたならば
森で二人仲良く暮らそうよ
ここでいつまでも待っているから

暗い井戸の底 夜空にはきれいな月
胸には深く刺さった ナイフ
銀の髪の刺客は 何処かへと立ち去り
悪の真実は 闇の中
透き通った白い髪 不器用な笑顔
どうかどうか生きていて 生き続けて
もしもあなたに逢えたら
伝えたいことがあったの
もしも生まれ変われるならば
生まれわれるのならば・・・