無名之青

作詞:和泉りゅーしん    作曲:和泉りゅーしん

孤独の内に溜め込んだ空想の類
どうしたってずっと言葉にできずに
幼さ故、小さなこの両手から溢れて
ついにはキャンバスを埋め尽くした

水平線から滲むようで
冷え切った頬を伝うような
暖かなその色が僕の声になっていく

想像が現実を凌駕して、重く垂れた雲が散った
その景色を遺せたなら
千年後の知らない誰かの目に、僕の声が突き刺さるような
鮮やかな色、それはまだ名前のない色

孤独の内に溜め込んだ空想の類
誰かと分け合うことすらできずに
心の奥底で今も蠢いてる
名前を持たないこの感情をなんと呼ぼうか

忘れないように
失くさないように

明日を憂いた春のようで
この身に走る脈のような
柔らかなその色で僕は僕になっていた

真っ白なキャンバスにぶつけた未来は、
いつしか命になって、僕が生きた証になる
千年後の知らない誰かの生を、根底から覆すような
鮮やかな色、息を飲むほど美しくて
きっと、それはまだ名前のない青だった