なにもしらない
出自專輯
Family
藝人
BBHF
發行月份

なにもしらない

作詞:尾崎雄貴    作曲:尾崎雄貴

美しい花をみて 震えることがあれば
わかるはずだ この痛みの捉え方も

ふさわしいことなんて 何一つなかった
わかるはずだ 君が選んだことが

顔をあげてみて 見えるものを見て
マインドの中を消去して
歪んだキャンバスを捨て去って
何度も 言い続けて

僕らは何にもしらない 何にも知らない
そこで居場所を描いて 戸惑っている
涙を流せば 傷は濡れる
わからないことは愛の掟だって
言えばいい 見えるのなら
腕を縛り 嵐に備える

考えるよりすっと 感じれるようありたい
今までずっと 組み伏せてた両手を叩け

顔を見せてくれ 確かなことがある
マインドの中にひっかかって
広げたキャンバスにこぼれだして
大きく 声をあげた

僕らは何にもしらない 何にも知らない
ここで理想を描いて ぐちゃぐちゃになって
涙を流せば 土は濡れる
わからないことが花になれば
それでいい 見えるのなら
君を振り返り はじめて愛せる

何にもしらない 戸惑っている 愛の掟だって