歌曲

足りない

試聽 聽全曲

何十年も経ったって
煩いはこうやって
悪戯に朝を遠ざける
汗ばんでキラリ
風が吹いてひらり
想い出す度に
何してる?

足りない、足りない
何か足りない
甘いものでも満たせない
溢れてるし心地も良い
それなのにな
一つ足りない
何か足りない

ひとすくいに焦がれて

あゝ月も眠る夜にさざめく
ロマンスは一人歩きしちゃって
もう 戻れなくなりそうな心像
あゝ空が冷める夜は長引く
温度差は君に埋めて欲しいの
呆れたように 猫が鳴く

何十年も経ったって
煩いはこうやって
悪戯に朝を遠ざける
汗ばんでキラリ
風が吹いてひらり
想い出す度に
何してる?
君だけが足りない

足りない、足りない
何か足りない
甘いものでも満たせない
名も無い幻達も撫でて
愛溢れてるのに
足りない
何か足りない

君一匁
足りないんだもんね
ちょいと聞いて本音
君はどう思ってるの?
ねえ

こっちへおいでよ
風 漕いでおいでよ
ほんの少しの照れ臭さが邪魔
こそばゆい言葉は仕舞って

あゝ月も眠る夜に咲いてる
恋の花 君に奏でるメロディ
もう 戻りたくないような幻想
あゝ夢も覚めない夜に冴えてる
温度差は君に埋めて欲しいの

呆れたように 猫が嗤う
何十年も経ったって
煩いはこうやって
悪戯に朝を遠ざける
汗ばんでキラリ
風が吹いてひらり
想い出す度に
何してる?
君だけが足りない