SAKURA (2006年出道單曲)

作詞:水野 良樹    作曲:水野 良樹
さくら ひらひら 舞(ま)い降(お)りて落(お)ちて
揺(ゆ)れる 想(おも)いのたけを 抱(だ)きしめた
君(きみ)と 春(はる)に 願(ねが)いし あの夢(ゆめ)は
今(いま)も見(み)えているよ さくら舞(ま)い散(ち)る

電車(でんしゃ)から 見(み)えたのは
いつかのおもかげ
ふたりで通(かよ)った 春(はる)の大橋(おおはし)
卒業(そつぎょう)の ときが来(き)て
君(きみ)は故郷(まち)を出(で)た 色(いろ)づく川辺(かわべ)に あの日(ひ)を探(さが)すの

それぞれの道(みち)を選(えら)び ふたりは春(はる)を終(お)えた
咲(さ)き誇(ほこ)る明日(みらい)は あたしを焦(あせ)らせて
小田急線(おだきゅうせん)の窓(まど)に 今年(ことし)もさくらが映(うつ)る
君(きみ)の声(こえ)が この胸(むね)に 聞(き)こえてくるよ



さくら ひらひら 舞(ま)い降(お)りて落(お)ちて
揺(ゆ)れる 想(おも)いのたけを 抱(だ)きしめた
君(きみ)と 春(はる)に 願(ねが)いし あの夢(ゆめ)は
今(いま)も見(み)えているよ さくら舞(ま)い散(ち)る

書(か)きかけた 手紙(てがみ)には「元気(げんき)でいるよ」と
小(ちいさい)な嘘(うそ)は 見透(みす)かされるね
めぐりゆく この街(まち)も 春(はる)を受(う)け入(い)れて
今年(ことし)もあの花(はな)が つぼみをひらく

君(きみ)がいない日々(ひび)を超(こ)えて あたしも大人(おとな)になっていく
こうやって全(すべ)て忘(わす)れていくのかな
「本当(ほんとう)に好(す)きだったんだ」 さくらに手(て)を伸(の)ばす
この想(おも)いが 今春(いまはる)に つつまれていくよ



さくら ひらひら 舞(ま)い降(お)りて落(お)ちて
揺(ゆ)れる 想(おも)いのたけを 抱(だ)き寄(よ)せた
君(きみ)が くれし 強(つよ)き あの言葉(ことば)は
今(いま)も 胸(むね)に残(のこ)る さくら舞(ま)いゆく

さくら ひらひら 舞(ま)い降(お)りて落(お)ちて
揺(ゆ)れる 想(おも)いのたけを 抱(だ)きしめた
遠(とお)き 春(はる)に 夢(ゆめ)見(み)し
あの日々(ひび)は 空(そら)に消(き)えていくよ

さくら ひらひら 舞(ま)い降(お)りて落(お)ちて
春(はる)のその向(む)こうへと歩(あゆ)き出(だ)す
君(きみ)と 春(はる)に 誓(ちか)いし この夢(ゆめ)を
強(つよ)く 胸(むね)に抱(だ)いて さくら舞(ま)い散(ち)る