作詞:daniwell    作曲:daniwell

いつもの
いつも
いつまでも
たいくつなこと ばかりならべて
かぞえてる アソビ あそびつかれたの

×× たとえば あかさた
なんだか
なんて
なんとなく
ゆううつな モノクロームトーンの
ことば ことばを くるくるまわして
なんてことない かいわをつなぐ

あめふりの やわらかな リズムで
かたりはじめた モノがたりと
ありふれた きごうでつながる
ただいま おかえり くらいたんじゅんで

あっとおどろくようなくらいの
てんかいも なにもないけれど
ただひたすら ゆるやかに
ながれてく まいにちでも
わるくないとおもえる
そんな こんな こんなんもなくて
おだやかすぎる せかいの
まんなかで こきゅうしてるの

ひとりとふたり さんにんで
ならんでもんじゅの
もん もん もんだい
ふかくて ひろい めいきゅうめいろの

やま やまない あまおと
とおくて
とおく
とおくから
はるばる はるか たどりついたのは
てんとてんせん ゆめからさめても
のらりくらりと たびをつづける

あさもやの まろやかな テンポで
あるきはじめた モノトーンの
ながれてく ろくがつのしつどと
ほはばをあわせて ジャンプステップで

あっとおどろくようなくらいの
てんかいも なにもないけれど
ただひたすら なだらかに
ふりしきる あめのおとに
いつになく うわのそらで
ぼうぜんと たちつくしてたり
こぼれおちそうなくらいの
しあわせをさがしているの

ゆめから
ゆめの
ゆめのはて
ゆめうつつでも おはよう おやすみ
いつかはきづく たんじゅんめいかい

×× きぶんは なにぬね
こいする
こいの
こいごころ
しゅうまつの ゆくえもわからなくて
とびら とびらを たたいてまわって
たとえ たとえば やみくもになる

あめあがり さわやかなリズムで
さがしはじめた モノローグに
さりげなく うつろいかわってく
プリズムもようの タイトルロールで

あっとおどろくようなくらいの
てんかいも なにもないけれど
ただひたすら ゆるやかに
ながれてく まいにちでも
わるくないとおもえる
そんな こんな こんなんもなくて
おだやかすぎる せかいの
まんなかで こきゅうしてるの

そして僕はゆるやかに呼吸する (feat. 初音ミク)

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:daniwell    作曲:daniwell

いつもの
いつも
いつまでも
たいくつなこと ばかりならべて
かぞえてる アソビ あそびつかれたの

×× たとえば あかさた
なんだか
なんて
なんとなく
ゆううつな モノクロームトーンの
ことば ことばを くるくるまわして
なんてことない かいわをつなぐ

あめふりの やわらかな リズムで
かたりはじめた モノがたりと
ありふれた きごうでつながる
ただいま おかえり くらいたんじゅんで

あっとおどろくようなくらいの
てんかいも なにもないけれど
ただひたすら ゆるやかに
ながれてく まいにちでも
わるくないとおもえる
そんな こんな こんなんもなくて
おだやかすぎる せかいの
まんなかで こきゅうしてるの

ひとりとふたり さんにんで
ならんでもんじゅの
もん もん もんだい
ふかくて ひろい めいきゅうめいろの

やま やまない あまおと
とおくて
とおく
とおくから
はるばる はるか たどりついたのは
てんとてんせん ゆめからさめても
のらりくらりと たびをつづける

あさもやの まろやかな テンポで
あるきはじめた モノトーンの
ながれてく ろくがつのしつどと
ほはばをあわせて ジャンプステップで

あっとおどろくようなくらいの
てんかいも なにもないけれど
ただひたすら なだらかに
ふりしきる あめのおとに
いつになく うわのそらで
ぼうぜんと たちつくしてたり
こぼれおちそうなくらいの
しあわせをさがしているの

ゆめから
ゆめの
ゆめのはて
ゆめうつつでも おはよう おやすみ
いつかはきづく たんじゅんめいかい

×× きぶんは なにぬね
こいする
こいの
こいごころ
しゅうまつの ゆくえもわからなくて
とびら とびらを たたいてまわって
たとえ たとえば やみくもになる

あめあがり さわやかなリズムで
さがしはじめた モノローグに
さりげなく うつろいかわってく
プリズムもようの タイトルロールで

あっとおどろくようなくらいの
てんかいも なにもないけれど
ただひたすら ゆるやかに
ながれてく まいにちでも
わるくないとおもえる
そんな こんな こんなんもなくて
おだやかすぎる せかいの
まんなかで こきゅうしてるの