少年と魔法のロボット

作詞:40mP    作曲:40mP

時計台のある街に、歌うことが大好きな少年が住んでいました。
弱虫な少年は、自分の声に自信が持てず
人前で歌うことができません。

それを見た博士は毎晩眠りもせず、少年のために作ります。
コトバとメロディーを教えるだけで、ほら。
思い通りに歌う魔法のロボット。

「キミが作った音楽をワタシが歌い上げるよ」
目を丸くした少年はおそるおそる、ボタンを押しました。

少しだけ不器用な声だけど、夜空に響いたその声は
確かに少年の心に届いていました。
届いていました。

その日から少年は毎晩眠りもせず、ロボットのために作ります。
コトバとメロディーを教える度に、ほら。
幸せそうに歌う魔法のロボット。

「ボクが作った音楽を誰かに聞いてほしくて」
目を光らせた少年はおそるおそる、ボタンを押しました。

少しだけ不器用な声だけど、世界中に響いたその声は
確かに人々の心に届いていました。
届いていました。

「いつまでもキミの歌を…」

いつしか季節は過ぎ去って、少年も大人になりました。
あの時、教えてくれた歌。
ワタシは今でも覚えているから。

少しだけ不自然な声だけど、夜空に響いたこの声は
今でもキミのその心に届いていますか?
届いていますか?

「ワタシの歌声、聞こえていますか」