我對天空歌唱

作詞:千葉はな    作曲:市川和則

僕らが過ごした街は
変わらず穏やかで
庭に咲いた
季節外れの向日葵
僕の背丈を追い越してく

肩に寄りかかる度に
君は 眠ってしまう
そんなところが
愛しくて 掛け替えのない
たった一つの心 紡いでく

君はどこにいるの
春も夏も秋も冬も
同じ時に笑っていたいから
涙はもう 隠すよ

借りたままの小説が
行き場を無くしてる
夢で見たんだ
今も変わらずどこかで
誰かにその笑顔向けてますか

僕は空にうたう
この想いが届くように
思い出はアルバムに閉じ込めて
どこまでも 行けるように

君はどこにいるの
春も夏も秋も冬も
同じ時に笑っていたいから
涙はもう 隠すよ

七色に輝く
好きな歌も好きな場所も
このまま風に揺られ続けたら
どこまでも行けるのかな

君はどこにいるの
春も夏も秋も冬も
同じ空を見上げていてほしい
涙はもう 隠すよ