脂肪
出自專輯
PINK
發行月份

脂肪

作詞:土岐麻子    作曲:G.RINA

パンプス脱いで ドアにもたれて
彼女は今日もため息つく
冷蔵庫の光を探す

こみあげてくる
胸のジェラシー
ソーダで飲み込んだ

誰もこない部屋は隠れ家
いつのまにか胸の中に
脂肪みたいなやわらかい壁

忘れてしまいたいことばっか
夢を見てたいの

憂鬱をのせた
タルトを一切れ
一口で食べる
誘惑のフォークで
次の一切れ
そしていつの日か
孤独だけが太ってゆくの

恋の切なさを
寒い夜の歌を
心が叫んでいる
ねえどうか気付いて
自分を食べてしまう前に

彼は言ったわ 慕ってくる
あの子が急に 気になるなんて
バーベキュー味 袋を破る

わからないのね
試食みたいな
幼い恋でしょ

悲しみの皮を
ナイフで剥いたら
一口かじるの
なぐさめの甘い蜜
味わいつくす
そしていつの日か
孤独だけが太ってゆくの

恋の切なさを
寒い夜の歌を
心が叫んでいる
ねえどうか気付いて
自分を食べてしまう前に

そしていつの日か
孤独だけが太ってゆくの

恋の切なさを
寒い夜の歌を
誰も知らない君を
ねえどうか吐き出して

恋の切なさを
寒い夜の歌を
心が叫んでいる
ねえどうか気付いて

自分の心まで食べてしまう前に