HORIZON(地平線)

作詞:HYDE    作曲:HYDE

あこがれは遥(はる)か蜃気楼(しんきろう)の彼方(かなた)
憧憬在海市蜃樓遙遠的彼方
ひび割(わ)れた胸(むね)が焦(こ)がれて痛(いた)いよ
破裂的胸口有灼熱的疼痛

揺(ゆ)り篭(かご)のように抱(だ)きしめられたなら
若能被緊緊擁抱 一如綑綁
必要(ひつよう)なものなんて他(ほか)に無(な)い
我將別無所求

気付(きづ)けば果(は)てしない砂漠(さばく)の上(うえ)
回神時 我已在無盡的沙漠中
ちぎれた想(おも)いが叫(さけ)んでいた
撕裂的思緒咆嘯著
見上(みあ)げた瞳(ひとみ)は空(そら)を目(め)かけて
昂首將視線投向天空
最後(さいご)の一(ひと)つまで眩(まぶ)しい矢(や)を放(はな)つ
射出最後一支眩目的箭

穏(おだ)やかな日々(ひび)に出逢(であ)えたのなら
邂逅在平靜安穩的往昔
「全(すべ)て夢(ゆめ)だったよ」って目覚(めざ)めてみたい
如今竟像大夢初醒

どれくらい君(きみ)を待(ま)ち続(つづ)けてただろう?
我能等你多久?
切(せつ)なさ以外(いがい)はもうここに無(な)い
除了眷戀 這裡已經一無所有

目(め)が眩(くら)む日差(ひざ)しが照(て)らしてる
令人目眩的陽光照耀著
凍(こご)えた心(こころ)は燃(も)えるように
凍結的心如焚
見上(みあ)げた瞳(ひとみ)は空(そら)を目(め)かけて
昂首將視線投向天空
最後(さいご)の一(ひと)つまで眩(まぶ)しい矢(や)を放つ
射出最後一支眩目的箭

突(つ)き刺(さ)さった...
刺破....
もがくほど絡(から)む有刺鉄線(ゆうしてっせん)を連(つ)れて
掙脫不了鐵刺網的糾纏
引(ひ)きずるように明日(あす)をつかむ
彷彿拖著 抓住明天

Horizons rise here in my eyes
A sound of silence calls
Hot in my heart, a distant hope
Is mine forever more

見上(みあ)げた瞳(ひとみ)は空(そら)を目(め)かけて
昂首將視線投向天空
最後(さいご)の一(ひと)つまで眩しい矢(や)を放(はな)て!
射出最後一支眩目的箭

矢(や)を放(はな)て!
放出箭!
矢(や)を放(はな)て!
放出箭
矢(や)を放(はな)て!
放出箭
矢(や)を放(はな)!
放出箭