作詞:CLIEVY   作曲:CLIEVY


空気がなければ僕は呼吸することができず
空気が薄くなれば胸が苦しい

いつから僕は呼吸をするようになったのか
当たり前に体が覚えているよ

不純物たちも まとまって
できた空気 今 吸い込んで
中身はどうか?どんなもんか?
無色透明で目に見えないから
大事なもんだけ 必要な分だけ
当たり前に体が求めているよ

呼吸をするように当たり前のように
決まってたかのように僕は恋をした
呼吸をするのに苦しくなるたびに
呼吸するために必要なのは君という空気(エアー)

君がいなければ僕は呼吸することはできず
君が薄くなってけば胸の奥が苦しい
いつから僕は恋をするようになったのか
当たり前に心が求めているよ

不純物たちも まとまって
できた君 すべて背負い込んで
昔がどうか?どんなもんか?
君を嫌う理由にはならないから
大事なもんだけ 必要な分だけ
この手 この目 心で 探しにゆくよ

呼吸をするように当たり前のように
決まってたかのように君は消えていった
呼吸をするのに苦しくなるたびに
思い出すのは ただ じゃれ合ってた
あの日の あの部屋で

道草するように
あっちこっち のらりくらり
気ままな猫のように僕のとこにきた
朝日が昇る前に元いたところに戻り
誰かの胸の中 眠るんだね
あの日の あの部屋で

呼吸をするように当たり前のように
決まってたかのように僕は恋をした
呼吸をするのに苦しくなるたびに
呼吸するために必要なのは君という空気(エアー)
君は空気よりも軽かったのかな?

出自專輯

空気

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:CLIEVY   作曲:CLIEVY


空気がなければ僕は呼吸することができず
空気が薄くなれば胸が苦しい

いつから僕は呼吸をするようになったのか
当たり前に体が覚えているよ

不純物たちも まとまって
できた空気 今 吸い込んで
中身はどうか?どんなもんか?
無色透明で目に見えないから
大事なもんだけ 必要な分だけ
当たり前に体が求めているよ

呼吸をするように当たり前のように
決まってたかのように僕は恋をした
呼吸をするのに苦しくなるたびに
呼吸するために必要なのは君という空気(エアー)

君がいなければ僕は呼吸することはできず
君が薄くなってけば胸の奥が苦しい
いつから僕は恋をするようになったのか
当たり前に心が求めているよ

不純物たちも まとまって
できた君 すべて背負い込んで
昔がどうか?どんなもんか?
君を嫌う理由にはならないから
大事なもんだけ 必要な分だけ
この手 この目 心で 探しにゆくよ

呼吸をするように当たり前のように
決まってたかのように君は消えていった
呼吸をするのに苦しくなるたびに
思い出すのは ただ じゃれ合ってた
あの日の あの部屋で

道草するように
あっちこっち のらりくらり
気ままな猫のように僕のとこにきた
朝日が昇る前に元いたところに戻り
誰かの胸の中 眠るんだね
あの日の あの部屋で

呼吸をするように当たり前のように
決まってたかのように僕は恋をした
呼吸をするのに苦しくなるたびに
呼吸するために必要なのは君という空気(エアー)
君は空気よりも軽かったのかな?