プロローグ

作詞:40㍍P    作曲:40㍍P

知らない街でひとり
不安とかもあるけど
下を向いていたら流される

ハンドバッグに入れた僕の好きな本
主人公に憧れていた

ぺーじをめくる度に飛び出す不思議な世界
活字が空に浮かぶ
ほら 心も軽くなる

一歩踏み出せば物語のプロローグ
新しい僕がはじまる予感
そっぽ向いてたって何も変えられないから
真っすぐ前を向いたら
ページをめくる

駅のホームでひとり
5分遅れの快速
行き先なんで誰もわからない

何度も読み返す僕の好きな本
主人公にはなれないけど

電車の窓ガラスを横切る日常の世界
起承転結なんてない
でも、心躍るストーリー

ここからが僕の物語のプロローグ
素敵な出会いがあふれる予感
バットエンドだってたのしむくらいの覚悟で
すべてを受け入れたなら
前を向いて

一歩踏み出せば物語のプロローグ
新しい僕がはじまる予感
もっと自分自身を好きになれるはずだから
序章を読み終えたなら
ページをめくる