一番星

作詞:DAOKO    作曲:小島英也(ORESAMA)・DAOKO

嫌いなあの子が死体になっちゃっても
だれも気にしないんだろうなあ
星たちの消滅 よくあることのひとつ
しんどい時消えそな時
一度でいいから きみの一番星に
気になる星になりたかった

明日からは 明日からは
内なるパワー
爆発させて発散させて
流れ星いくつもおこすの

だれもがひとつの惑星よ
きらめくそばから
消えていく 気づくのは
何億光年先になるのかな

生きている内にきらめけば
いつかはだれかが
見つけてくれるはずでしょ
お守りにしてくれるでしょう

オトナになれないぼくら
こんな都合いい不条理
背負うことが使命か 試練か

人生がいくつも用意されてて
死んでいい人生ならいいだろう
だれも光ろうとなんてしないから
いっかいきり 花火のように
咲かせて逝きましょ
眺めて逝きましょ
生き様 わたし生きた証
想ってくれてるひとには
残ってく 消えずに残ってく
消耗品ってわかってる命なら
擦り切れるまで果てるまで
使いましょうどいつもこいつも
輝ける素質もってるのに

だれもがひとつの惑星よ
きらめくそばから
消えていく 気づくのは
何億光年先になるのかな

生きている内にきらめけば
いつかはだれかが
見つけてくれるはずでしょ
お守りにしてくれるでしょう