RUST

作詞:重永亮介    作曲:重永亮介

選ばれないことに慣れていた
好奇心がうすれて 錆びついてゆく感情
試されてるだけのシステムに
誰一人として疑問を感じなくなってた

息を切らしても 気付かれないから
この海で窒息する前に 痛みを叫べ

誰かに見つけられる事を
ただ待ってるだけじゃ変われないから
手を伸ばした先にみえる未来を
掴みにゆけ 音の最果てまで

ありがちな言葉を前にして
笑っていられる程 容易くはないから
比べられるだけのシステムを
引き裂けるくらいの爪を 研いで待ってた

見えない壁に 遮られてる
この街に飲まれる前に 痛みを叫べ

誰にも届かない想いを
嘆いてるだけじゃ変われないから
錆びた感情に名前を付けて 吐き出してゆけ
音が枯れ果てるまで

仄暗い夢を掲げたルサンチマン
破裂しそうな心 誰が覆ってくれる?
走り続ければきっと誰もが同じ
痛みを抱え 生き続けていく

誰かに見つけられる事を
ただ待ってるだけじゃ変われないから
報われる事だけ願って 睨んで
黒い雨に飛び込んでゆく
風に触れて錆びてくだけの
悲しい物語で終わらせたくない
灰色の空に一筋の色彩を
刻んでゆけ 音が枯れ果てるまで