非凡的花束

作詞:高橋優    作曲:高橋優

つつがなく今日やるべきことをやって家に帰る
食事に誘われたらそこにもちゃんと顔を出す
全部終わったら遅い時は午前3時4時5時6時7時
あんまり寝れないまま明日も頑張らなきゃな

家に帰ったらひたすら眠るだけだって歌が好きだけど
いまから電源切って家でひたすら寝たらどうなるのかな
たとえばこのまま部屋から出ないで今日を過ごしたら
誰か困るかな とか思いながらいつも支度してるだから

僕と会うときくらいメイク気にしなくていいよって言うと
それは逆だよって言いながら少しムッとする君が可笑しくて
必死こいて汗かいてベソかいたことなんか1回も無いみたいに
すまし顔の君の手をなんも言わないで握りしめる

子供が産まれたり 初めて笑ったり 歩きはじめたり 手を握りあったり
見飽きた景色の中に隠れてる特別な今日が満ち溢れてるよ
記念日じゃないけど 君に花束を いい匂いするでしょ いつもありがとう
なんでもない日を 歩いてくれてる 君のなにもかも 愛してる

君が頑張ってるところをずっと見てるよなんて
優しく言ってくる輩にコロッと落ちていきもしないまま
かたや前髪を切ったことにもろくに気づきやしない
こんな鈍臭い奴の手をまた君は握っている

一番悲しかった日 辛くて泣いた日 倒れてしまった日 許せなかった日
身に覚えがある 出来事や気持ち 今日もどこかで誰かが泣いてる
祝ったらダメかな? 何事もない今日 仕事イヤだったり 寝不足だったり
冗談言えたり 一緒に笑ったり 君に会わせてもらえる今日を

記念日じゃないけど 君に花束を いい匂いするでしょ いつもありがとう
なんでもない日が 特別に変わる 君のなにもかも 愛してる