光線
出自專輯
光線
發行月份

專輯曲目

  1. 光線

光線

作詞:     作曲:

眠れない日々の隙間に生きる力がこぼれてく
おしまいの香りが日々に漂い続ける

重く感じたマドラーがコーヒーへ落ちて飛び散って
飛沫が目に飛び込んだら涙が溢れた

無理に起こされては生かされるような日々に
終わりは見えない

それでもね
いつか終わるその時が来るまでは
只々々歩き続けるんだよ

「これ」って賭けたものたちに
運命と思える人に
振り回され続けては疑う毎日

どんな華麗な花すら老いて枯れてまた咲くのだからさ

愛なんて凸凹だらけの形が無いものを
目隠しして撫で続けるような事

それ故ね
昨日と今日では違い過ぎたりするけどね
信じたいから信じ続けるんだよ

すがれるものを失っても
続きが見えない夜が続いても
まだ何か見せたがるように
窓を超えて朝はここへ迎えに来るのよ

だからまだ
未来が空になる日が来るまでは
出来ればまだ信じ続けていよう

瞬きな、いつか終わるその時が来るまでは
ゆらゆら漂う煙のようにね

眠れない日々の隙間に生きる意味がこぼれたなら
始まりの香りが俺に手を差し伸べる