流星都市

作詞:DAOKO    作曲:きくお・DAOKO

流星都市に生まれて消え行く 命の粒に
祈った願い 流れ星になり 眺める きみと
ふたり消えゆく 光りに包まれ 輝く こども
銀河のベッド 夜空の毛布で おやすみなさい

見せかけの命を燃やしてきみは疲れて
散っちゃった 死んじゃった
いま きらめく夜空に浮かぶは
ウタウタウふたり
線は繋いで 星座にして
目合う視線 弧描く 墜ちる
星 もしかして
着地点ないの地平線

流星都市に生まれて消え行く 命の粒に
祈った願い 流れ星になり 眺める きみと
ふたり消えゆく 光りに包まれ 輝く こども
銀河のベッド 夜空の毛布で おやすみなさい

こわいこわい夜を超えてきたの
くらいくらい夜はきらめきが増すよ
伝えたいことば笹の葉に乗せて
天の川まで届けにゆくよ
流れ流れてきみのもと
任せ任せてきみの音となり
鼓動となり 一生いっしょ巡るよ
今日は星が綺麗でしょう

流星都市はきらめき消えゆく 星座の元に
叶った願い 流れ星になり 降り注ぐ 空に
繋ぐ手と手を 離さないでいて 必ず逢える
来世も一緒 この世はさよなら またあとでね

流星都市に生まれて消え行く
流星都市に生まれて消え行く
きみと夢をみていたい
夢をみていたい 心地よい夢

流星都市に生まれて消え行く…