雫 (原唱:無限開關,首次CD化)

作詞:大橋卓彌/常田真太郎    作曲:大橋卓彌/常田真太郎

背中にあった翼は君と共に無くした
飛べた頃の記憶は
擦り傷の樣には消えてくれない

月が丘を行く 夜光虫を引き連れて
手付かずの一日が
何も言わずに終わっていく
私が居なくても地球は回り続ける
君が居ないなら
私の朝はもうやってこない
草むらで転げまわって森の奧で眠った
何度か争いもしたけど
それは全て永遠のため
未來の向こうへ行くため
背中にあった翼は君と共に無くした
飛べた頃の記憶は
擦り傷の樣には消えてくれない

君を取り戾す そればかり考えていた
時の濁流に押し流されてしまわぬよう
思い出は何も語らない
縋り付くあても無い
殘った淚はあと少し
きっと君には屆かない
最後の雫が、落ちていく
突然夜が彈けた 光が空に飛び散った
堪らず閉じた瞼を
開けるとそこに君がいた
背中にあった翼は今やもう必要無い
洗い立ての太陽が
二人を優しく照らしている
これからは大地を踏みしめて
君を抱いて步いていこう