雨乞い唄 (feat. 鏡音リン&鏡音レン)

作詞:ひとしずくP・やま△    作曲:ひとしずくP・やま△
赤き衣を纏う太陽が 空を飲み込んで
草木は枯れ 命は乾き、死に絶えていく

雨神よ どうか、慈悲の雨をお恵みください
祈る巫女は その身を捧げ贄となった

愛しい雨神の声は 雨音となり響き渡る
はやく聴かせて…
その優しい声を、雫に変えて

晴天を仰ぎ 雲を手招いて
雨に焦がれ謳う 雨乞い唄
大地潤し、民を救いたまえ
祈り乗せ 唄は響く

「早く、早く、私を喰らっておくれ…」
『何故、贄となり謳う…?』

「誰かがならなければ…」
『君を喰らい、降らす雨…?』

「大地は乾き、命は枯れ 苦しむ民を救いください」
『君を…?』
「民を…」

「救いください、神様…」
『君のために、歌おう…』

曇天を仰ぎ 雲を手招いて
雨に焦がれ謳う 雨乞い唄
我は謳う 命しおれるまで
雨神を呼ぶ唄を…

雷鳴よ唸れ 雲を切り裂いて
大地潤す雨を 降らせたまえ
我を喰らい 祈り届く日まで
謳い続けて

頬が濡れた 天を仰ぎ見れば
大地を濡らしていく 恵みの涙(あめ)
風よ、運べ 雨を謳う声を
雨神に届くまで