少年與煙火

作詞:ケツメイシ    作曲:ケツメイシ & D.N.A.INSTRUMENTAL


空に舞い上が る花火が
僕の声を かきけした
遠く離れても またここで
見ようねって 約束したかったんだ


初めて君に会った夏の日 忘れないあれから時は経つのに
焼けた肌 白い歯 坊主頭で
いたずらに笑う あそこの川原で

どうしていいか 分からない僕は
ひたすら君の背中だけ追った
川遊び楽しい 草木の香り
抜けるような空 どこまでも青い

蛙 カブトムシにオケラ バッタ
見る物すべてが新鮮だった
鈴虫リンリン せせらぎに染み入る
最期の叫び 遠くからミンミン

あの夏の日 放り投げたノート
皆で必死に追い掛けたトンボ
タ立ち打たれ ずぶ濡れ走った
気付けば笑い 友の輪交じった

君と最後に見た花火が 大空をうめつくした
お月様も笑ってた 僕だけは 寂しかったんだ


夕焼けは町をオレンジに染め 遠くから響く 囃子の音
なんだか皆 慌ただしい とにかく大きな花火らしい

広い河原 いつもの穴場
連れられて タコせんかじりながら
氷メロン イチゴ混ぜて合体 乾杯したら花火が上がった

手を広げ足んない 都会の何倍 真上の夜空満開
火の粉かかると頭押さえたら 隣で君 笑いこらえた

花火終わると寂しい また次の夏も来るよ会いに
最後の夜も布団に隠れた 枕がそっと涙で濡れた


君と一緒に見た花火を
僕は今 一人で見てる
君は キレイな星になって
空の上から見ているの かな~
君に会いたい 君に会いたい~