Lita-Ruta

作詞:SHUGO TOKUMARU    作曲:SHUGO TOKUMARU

本音をとってゆがめると
揃えた靴の底から見えた
ほころび絡み付き
浮かび上がる 余分な日がひとつ

空に舞う(空が間引く)言葉の(言葉の影)
その分だけ(空は深く)離れてく

LITA-RUTA 空ごと LITA-RUTA 歪めて
ものさしひとつじゃ計れない

空白に時が降り続ける
ザラザラと 落ちていく音だけが残る

そのままじゃ(空が間引く)夜が明ける(夜明け前に)
そこからすぐ(そこからすぐ)離れてくれ

遅すぎた雨が 映し出すたびに
虚空の中にいる 君を探している

空が間引く 言葉の影
どこを照らす のが良いのか?

LITA-RUTA 絵にした 記憶を
LITA-RUTA 空ごと 歪めて
ものさしひとつじゃ計れないように
すれば出てきてくれるのか?