花傘

作詞:川谷絵音    作曲:川谷絵音

曇りガラスで隔てられてた
もっと見たくて
恋しちゃったんだ

ツバメ飛ばした
君の裸に
見合うような
僕になれるかな

魅惑を払いきれない
がらんどうだった身体が
染まりきった
先が怖いけど

花のようなベイビーガール
いつも見てる先はそっぽ
気付かないふりする度に心がちと濡れる
さよならの雨がパラパラと降る予報です
小雨のうちだったら
心拭くのもまだ簡単なのに
できない

恋の宵立ちさせない傘が
邪魔だなんて
まだ思えないんだ

夜一夜(よひとよ) 止まなくて
それでも想いながら
低く飛んだツバメを見てた

不機嫌なベイビーガール
いつも見てる先はそっぽ
気付かないふりする度に心がちと濡れる
さよならの雨がパラパラと降る予報です
小雨のうちだったら
心拭くのもまだ簡単なのに
できない

幕電に期待しちゃう
君はまだ僕の花傘
お墓参り
行けなくてごめん

殺伐な雨が君を許さなかった日から
恋したんだよ
勝手に君を差したりしてさ
いなくなったベイビーガール
優しく鳴る音で今日も
花のような裸を考えて
切なくなったりするんだよ