百合花

作詞:五十嵐充    作曲:鈴木大輔

コバルトの空 白く漂う雲が
佇む僕を そっと包んでゆく

君の息づかいが 聞こえてきそうで
滲む景色と儚き日々を重ねてた

柔らかい光が射して
遠い旅に出掛けたね
届けたい もう届かない
君の名前 呼ぶ声が

Uh...繰り返して
Uh...響いている

友達なんて いつもうわべだけだと
知り合うまでは ずっと思っていた

冷たい態度(フリ)をして誤魔化していたね
失うモノが大きすぎると気づいてた...

永遠は手にとれなくて
急ぎ足で過ぎてゆく
いつまでも僕の心に
君は強く咲き誇る

Uh...春風(かぜ)のように
Uh...ユリのように

君の息づかいが 聞こえてきそうで
滲む景色と儚き日々を重ねてた

柔らかい光のしずく
遠く耳を 凝らしても
届かない もう届かない
僕の名前 呼ぶ声が

永遠は手にとれなくて
急ぎ足で過ぎてゆく
いつまでも僕の心に
君は強く咲き誇る

Uh...春風のように
Uh...ユリのように