有妳在即可化成水

作詞:ACAね    作曲:ACAね

はみ出してた淡い紺色がずっと
僕らの時間を解決させずに 砂を払ったりした
考えとか捉え方も知らないや
朝に齧った憂いで 記憶を眠らせたくて

どこかにゆくのか 留まる勇気が
試されてるのか 疑うことで信じたい

踊りはしないさ 音も無くなれば
手放せた 借りパクしてた 夜弦の月も

気配だけで超えられるから
柵や秩序の甘えは 君がいて水になる
色のない輝きを追うばかり
気にしてしまう距離が 僕にだけでありますように
小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ

鮮やかなフルーツに毒を吐いて
習ったばかりの嘘を挟んで
食べ尽くすことで どうにか立っている
変な言葉使う僕でいなきゃ
交わることない 類いにはまって
君を逸らして 傷を抉って
磨り減った心で 歌を歌って
君が笑うなら 僕も笑ってみるよ

気配だけで超えられるから
柵や秩序の甘えは 君がいて水になる
色のない輝きを追うばかり
気にしてしまう距離が 僕にだけでありますように
小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ

カシス色の髪が揺れている
喉が乾くほどに泣いている
まだ 君のことまだ 途中地点の話をさせてね
何に誰に許可を貰って暮らしてんの
気持ちに名前付ける必要なんてあんの
嗚呼 言い切れない 今は言い切れないままさ

お洒落な言葉でいいから
少しでも触れられた瞬間 憧れで終われない
色のない輝きを追うばかり
探ってしまう歌が 君には届きませんように
小さな船流れ出す ただ力の抜けた光る方へ