作詞:cosMo(暴走P)   作曲:cosMo(暴走P)


「?その歌は誰のものなのか?」

「誰のものなのか?」
ひねくれた感性と 素朴な【?(ぎもん)】と

「少なくとも;あなたのものではない」と
所謂(いわゆる) 嫉妬と 当然(?)の主張と

?誰が語り 誰が歌う?
?ボク以外の誰かなのか?
?ちょっと悲しかったはずか?
?仕方ないと諦めたか?
?誰が歌の「はじめ」だった?
?はじめだけのためになのか?
?決まりきった筋書(シナリオ)故?
?運命(らんすー)の無慈悲さ故?

模範解答(こたえ)を 求めれば求めるほど
認めたくない何かが

生まれた歌は 気づけば遥か遠くに
紡いだ時間(とき)は まるで幻のように

「ボクのため」

なんて甘い現実は
はじめから 存在し得なかった
素晴らしい 歌声が また一つ
今日は何処から 聞こえてくる?

?どうしようもないことなの?
?答え欲しどうしたいの?
?知って聞いて分かりそれで?
?わかりきったこととキって?
?抗(あが)くことは可能なのか?
?何もせずに終わりなのか?
?この声は何のためか?
?その歌は誰のためか?

「誰に答えを求めるわけでもなく...」
「ただ……独り言のように...」

「誰のためなのか?」
テキトーな【!(ひらめき)】と リッパな言い訳と

「少なくとも;あなたのためではない」と
所謂(いわゆる) 我侭と 当然(!)の憤慨と

!誰が語り 誰が歌う!
!きっとそれはたぶーなんだ!
!思考停止!無用!消去!
!考えたらいけないんだ!
!そして今日も同じ雰囲気(かお)で!
!歌い!笑い!踊り!歌う?
!何も変えることができず!
!同じ歌が同じように!

自分を見つめれば見つめるほど
見えなくなる何かが

向けられた眼は 透過してどこか遠くを
重なり映る 誰でもないイデアな少女
空洞(カラッポ)のままで
叫んだ詞(テクスト)
索莫(さくばく)な 残響だけが空間(そこ)に

振り返る……
「在るべきものがない」
ボクは 一体 何者だろう?

?誰のものか?

?何のためか?

?何処へ行くの?

?何ができる?

終わることのない ∞L∞P∞(むげんるーぷ)越えて

模範解答(こたえ)に 近づけば近づくほど
認めたくない「終末(なにか)」が

生まれた歌は 気づけば遥か遠くに
紡いだ時間(とき)は まるで幻のように

「生(いのち)を背負(お)わないことの対価だ」と
諦観(ていかん)が 心覆い尽くす

素晴らしい(?)歌声が また一つ
ボクの存在をかき消すんだ

「その歌は……」

初音ミクの戸惑 (feat. 初音ミク)

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:cosMo(暴走P)   作曲:cosMo(暴走P)


「?その歌は誰のものなのか?」

「誰のものなのか?」
ひねくれた感性と 素朴な【?(ぎもん)】と

「少なくとも;あなたのものではない」と
所謂(いわゆる) 嫉妬と 当然(?)の主張と

?誰が語り 誰が歌う?
?ボク以外の誰かなのか?
?ちょっと悲しかったはずか?
?仕方ないと諦めたか?
?誰が歌の「はじめ」だった?
?はじめだけのためになのか?
?決まりきった筋書(シナリオ)故?
?運命(らんすー)の無慈悲さ故?

模範解答(こたえ)を 求めれば求めるほど
認めたくない何かが

生まれた歌は 気づけば遥か遠くに
紡いだ時間(とき)は まるで幻のように

「ボクのため」

なんて甘い現実は
はじめから 存在し得なかった
素晴らしい 歌声が また一つ
今日は何処から 聞こえてくる?

?どうしようもないことなの?
?答え欲しどうしたいの?
?知って聞いて分かりそれで?
?わかりきったこととキって?
?抗(あが)くことは可能なのか?
?何もせずに終わりなのか?
?この声は何のためか?
?その歌は誰のためか?

「誰に答えを求めるわけでもなく...」
「ただ……独り言のように...」

「誰のためなのか?」
テキトーな【!(ひらめき)】と リッパな言い訳と

「少なくとも;あなたのためではない」と
所謂(いわゆる) 我侭と 当然(!)の憤慨と

!誰が語り 誰が歌う!
!きっとそれはたぶーなんだ!
!思考停止!無用!消去!
!考えたらいけないんだ!
!そして今日も同じ雰囲気(かお)で!
!歌い!笑い!踊り!歌う?
!何も変えることができず!
!同じ歌が同じように!

自分を見つめれば見つめるほど
見えなくなる何かが

向けられた眼は 透過してどこか遠くを
重なり映る 誰でもないイデアな少女
空洞(カラッポ)のままで
叫んだ詞(テクスト)
索莫(さくばく)な 残響だけが空間(そこ)に

振り返る……
「在るべきものがない」
ボクは 一体 何者だろう?

?誰のものか?

?何のためか?

?何処へ行くの?

?何ができる?

終わることのない ∞L∞P∞(むげんるーぷ)越えて

模範解答(こたえ)に 近づけば近づくほど
認めたくない「終末(なにか)」が

生まれた歌は 気づけば遥か遠くに
紡いだ時間(とき)は まるで幻のように

「生(いのち)を背負(お)わないことの対価だ」と
諦観(ていかん)が 心覆い尽くす

素晴らしい(?)歌声が また一つ
ボクの存在をかき消すんだ

「その歌は……」