作詞:野田洋次郎    作曲:野田洋次郎

僕の日々に意味はないと
晴れた顔で笑う声や
僕は今も君の中にいたりするかな
なんて馬鹿なことばかり 物語

正しい街に 正しい歌に
やけにひとり 取り残されて
転げながら 抱き合いながら
壊したいな 君のことを

したらなんて言うかな
笑いながら言うかな
「それ痛いの?」

私たちは光った
意味なんてなくたって
私たちは光った
ゴミたちの木漏れ日で
私たちは引っ張った
繋がれた首飾りの
力任せに 今
夢任せに ただ


奇跡だけが 起きる街で
僕ら出逢い 恋をしたんだ
だからここは 少しだけど
寂しすぎる気がしてるんだ
君の方はどうかな

今すぐ 逃げろ
さもないと 消える
信号はイエロー
瞬くは一等星 いっせーのせーで

僕たちは光った
意味なんてなくたって
私たちは引っ掻いた
泣き方も分からずに
私たちは引っ張った
許されない愛だけが
輝いてる空
瞬いてる ほら