線香花火

作詞:柳沢亮太    作曲:柳沢亮太

昨日の土砂降りが濡らした アスファルトが放つ匂いを
大きく吸い込んだ途端に 寂しくなったの
真夏の夜空に打ち上がる 花火をみんなで見に行こうって
君に会うための約束は 雨に流されたの

「残念だね」ってさ 君からのメールに
「そうだね」それしか言えないあたし
本当は二人だけの約束を
作るチャンスだって 気付いていたんだけどなあ

長い 長い 長い 君に会えない日々が長いの
何が無くても 「おはよう」「また明日」って言えた日常が愛しい
長い 長い 長い 夏の終わりで君に会ったとき
何も無いから 「おはよう」さえも ぎこちなくなっちゃいそうで 嫌だなあ

グラウンドの前を通るとき うるさい蝉の合唱に混じって
君の声が聞こえて フェンス越しに探した
近い 近い 近い はずだったのに 遠く 遠く 遠くのほうで
日に焼けた顔で笑う君の 横顔見ちゃって また寂しくなって
だから言わなきゃって やっぱ言わなきゃって

長い 長い 長い 君に会えない日々が長いの
何が無くても 会いたいときに 会える距離になりたい
長い 長い 長い 言葉じゃなくてきっとシンプルに
多分2文字やそれくらいでも 言えることがあるの

長い 長い 長い 君に会えない日々が長いの
何が無くても 「おはよう」「おやすみ」って言える当たり前が欲しいよ
長い 長い 長い 夏の終わりがやってくる前に
君とあたしの 二人だけで 例えば線香花火とかしたいなあ
同じ気持ちでいてくれたのなら 嬉しいなあ
会いたいなあ