貓咪的名字

作詞:秋元康    作曲:小松清人
幸せに終わりがあるのなら
如果幸福有終結的話
その始まりはいつだろう?
那又是從什麼時候開始的?
せめて今がそうだって教えてくれたら
至少現在你這樣告訴我的話
もっとちゃんとキスしたのに
就可以更好的去接吻

そこにいた捨て猫を腕に抱いてた時
將被丟在那裡的貓抱在懷裡時
ふと君がこっちに近づいて僕に言った
你突然往這裡靠近的對我說
「名前は何て言うの?」って聞かれても答えられず
「名字叫什麼?」 即使被問到也回答不出來
「一緒に考えようよ」なんとなく言っただけ
「我們一起想吧」 不由自主地說出了口

それから君は僕の部屋にやって来て
從那之後你來到我的房間
ヨーグルトとシリアルをいっぱい買い込んだ
買了很多優格和麥片
着替えと枕も運んで
還帶了換洗衣物和枕頭
僕たちはいつの間にか
我們不知不覺中
猫を中心にして仲良く暮らし始めた
以貓為中心開始了友好的生活

そんなに何かが変わったような気がしない
感覺沒有什麼太大的改變
窓の向こう太陽が動いただけ
只是窗戶的對面太陽移動著而已
光と影とが微妙に逆転したけど
雖然光影微妙的反轉了
夜が来ると思わず カーテン閉めなかった
沒想到夜晚來襲 就沒有將窗簾拉上

僕たちに終わりがあるのなら
如果我們之間會結束的話
その始まりはいつだろう?
那又是從什麼時候開始的?
まさか付き合ってるなんて
難道我們在交往什麼的
考えてもみなかった
連想都沒想過
あの頃さ ハグもしたけど
雖然那時擁抱過了

日当たりのいい場所は猫と君のもの
日照好的地方被你和貓佔據了
アンティークなソファーにいつだって寝転び
總是躺在古董沙發上睡著
嫉妬するほど抱き合ってた
讓人嫉妒般的互相抱著
ねえ 僕は何してるんだ?
吶 我到底在做什麼?
家賃払ってるのに 居場所がどこにもない
明明付了房租 卻沒有我的棲身之地

その時なぜだか 突然思い出したんだ
那時不知為何突然想起
猫の名前はどうやって決めればいい?
貓的名字該如何決定才好?
候補をいろいろ二人で挙げてみたけど
雖然我們試著提了許多候補
なんかピンと来なくて 名前はまだお預け
但卻沒什麼靈感 名字依然沒有決定

後悔に終わりがあるのなら
如果後悔有終點的話
その始まりはどこからだ?
那又是從哪裡開始的?
ずっと見てたはずの星を
本來一直看著的那顆星星
見失ったのはあの夜か
是在那天晚上開始看不見的嗎
キスをしよう
來接吻吧

それぞれ勝手に名前をつけて呼んでいた
我們擅自地用各自取的名字來叫牠
猫の名前が決まらない理由は何?
貓的名字決定不了的理由是什麼?
束縛されない二人の愛は自由で
沒有被束縛的兩人的愛是自由的
どこか無責任だった 飼いならされない日々
似乎有點不負責任 在沒被馴服的日子裡

僕たちに終わりがあるのなら
如果我們之間會結束的話
その始まりはいつだろう?
那又是從什麼時候開始的?
まさか付き合ってるなんて
難道我們在交往什麼的
考えてもみなかった
連想都沒想過
あの頃さ ハグもしたけど
雖然那時擁抱過了