蹴っ飛ばした毛布

作詞:ACAね    作曲:ACAね

要らないよ 食べかけの借りた映画も
忘れたいよ 自分のものでしかない約束も
求めすぎた 勇気なんて捨てたいや
待ちくたびれた 久しぶりだねって言えた覚悟
どうか思い出になんかしないで

蹴っ飛ばした毛布
気配を探してる癖がついて
温もり飛んでった 冷え切ったパンの耳 齧ってても
傷つくことでしか 自分を保てないのは嫌だよ

ずっと解決が 答えじゃないことが
苦しいの わかってるけど
無口な君 真似ても
今は緩い安心が不安なんだよ
誰に話せばいい これからのことばかり
大切にはできないから
すぐ比べ合う 周りが どうとかじゃ無くて
素直になりたいんだ

冷たい匂いに負けそうになるくらい
暖かさに慣れてたせいかな
触れた気体を 縒れた鞄に蔵って
君のくれたバッチ握って 張り裂けそうな声で
少しでも起き上がれないかな

ずっと解決が 答えじゃないことが
苦しいの ! わかってるけど
無口な君 真似ても
今は緩い安心が不安なんだよ
誰に話せばいい これからのことばかり
大切にはできないから
すぐ比べ合う 周りが どうとかじゃ無くて
素直になりたいんだ

どれだけ複雑でも 辿り着いてしまうから
私は平気だよって わかって欲しいから
どれだけ単純でも 遠回して伝えるから
君が どうかなのかを 教えて欲しいから
どれだけ複雑でも 辿り着いてしまうから
私は平気だよって わかって欲しいから
どれだけ単純でも 遠回して伝えるから
君が どうかなのかを 教えて欲しいから

ずっと追いかけた 懐かしい匂いだけ
包まっても 嫌になるけど
少しだけ 不安だと
心地よくなる安心も 嫌なんだけど
誰に話しても これからのことばかり
大切にしていたいけど
すぐ比べ合う 周りが どうとかじゃ無くて
今 隣にいたいんだ