太陽的哀悼歌 - 動畫<將國戡亂記>片尾曲

作詞:小竹正人    作曲:Carlos K.、Kanata Okajima

空を斬るように 翼を広げた
如劃破蒼穹一般 展開雙翼

あの鳥の名前 教えてください
請告訴我 那隻鳥的名字

キャラバンは進む 果てのない道を
駱駝在無盡的旅途中前行

明日を捜す振りして 彷徨う旅人
那徬徨的旅人 似乎在尋找著明天

金色の砂嵐 過ぎ去った痕に
金色的沙塵暴 肆虐過後的痕跡

何もかも潤す 海が欲しいよ
渴望著 滋潤萬物的大海

この世で一番 哀しい 夜が来る
這世間 最悲傷的夜晚 即將降臨

砂漠を照らし嗤ってる星へと願ってみたって
即使向嗤笑般照耀著沙洲的星辰許願

決して叶わない
願望也無法實現

だからせめてもうヴェール纏ったままで
所以至少讓我就這樣蒙著面紗

踊り続けるよ
繼續跳舞吧

渇いた荒野で 白く咲いていた
曾在乾涸的荒野中 無暇綻放

あの花の名前 憶えてますか?
那朵花的名字 還記得嗎?

炎に放った 流せない涙
置身於烈焰之中 流不出淚水

夢なんて見ないよ 傷つくだけさ
從不曾懷抱美夢 只會受傷而已

生まれた瞬間から ひとりきりだった
從誕生在這世上的瞬間 便孑然一身

俗に言う“愛”など 捨ててしまった
世人所言之“愛” 早已拋棄

この世で一番 激しい 風が吹く
這世上 最猛烈的狂風 即將襲來

砂漠の町を行き交う人々が歌ってる歌は
來往沙漠小鎮的人們所吟唱的歌

叫びにも似て
如吶喊一般

思い出してはいけないあの哀悼歌
不該從回憶中喚醒的那首輓歌

思い出している
正被回想起

絶望の淵 揺れる蜃気楼
搖曳於絕望深淵的幻境

たいようが燃える燃える Burning Carnival
太陽越燃越烈 Burning Carnival

この世で一番 哀しい 夜が来る
這世間 最悲傷的夜晚 即將降臨

砂漠を照らし嗤ってる星へと願ってみたって
即使向嗤笑般照耀著沙洲的星辰許願

決して叶わない
願望也無法實現

だからせめてもうヴェール纏ったままで
所以至少讓我就這樣蒙著面紗

踊り続けるよ
繼續跳舞吧

あの鳥は何処?
那隻鳥在何方?

あの花は何処?
那朵花又在何方?

あの人は何処?
而那個人又身在何方?