作詞:クワガタP   作曲:クワガタP


つまずいては描いてた空を隠して笑って
うつむいては知らんぷり一人きり傘さして

願うたび消えてしまいそうな未来
すがるたび私を黒く塗りつぶして

解いて触れないで悲しみ染まるときも
繋いで笑った君の手のひらの色を
忘れて忘れて目を閉じる日はきっと
彩る世界までモノクロに変わる

「さよなら」を繰り返し「またね」でなぞって
泣いたりもして。
うつむいては痛いから温もりなどいらないと

願うたび消えてしまいそうな未来
すがるたび私を白く塗り替えてく

たとえばたとえば虚ろな世界に
響いて滲んだ君の掠れた声を
抱いてそれだけで生きていけるなら
どんな歌だって必要ないでしょう?

ずっと望んでいた感触に
傷を付けて埋め込んだ青
手を伸ばして繋ぎとめて
朽ちはてるそのときまで

触って繋いで悲しみ染まるときも
響いて滲んだ私と君の手のひら
抱いて重なって描いた世界は
鮮やかに私を塗り変えて行く 何度でも

出自專輯

249.51 (feat. 巡音ルカ)

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:クワガタP   作曲:クワガタP


つまずいては描いてた空を隠して笑って
うつむいては知らんぷり一人きり傘さして

願うたび消えてしまいそうな未来
すがるたび私を黒く塗りつぶして

解いて触れないで悲しみ染まるときも
繋いで笑った君の手のひらの色を
忘れて忘れて目を閉じる日はきっと
彩る世界までモノクロに変わる

「さよなら」を繰り返し「またね」でなぞって
泣いたりもして。
うつむいては痛いから温もりなどいらないと

願うたび消えてしまいそうな未来
すがるたび私を白く塗り替えてく

たとえばたとえば虚ろな世界に
響いて滲んだ君の掠れた声を
抱いてそれだけで生きていけるなら
どんな歌だって必要ないでしょう?

ずっと望んでいた感触に
傷を付けて埋め込んだ青
手を伸ばして繋ぎとめて
朽ちはてるそのときまで

触って繋いで悲しみ染まるときも
響いて滲んだ私と君の手のひら
抱いて重なって描いた世界は
鮮やかに私を塗り変えて行く 何度でも