作詞:40mP   作曲:40mP

【初音ミク】キミボシ(汝星)


バランス違(ちが)いの二人(ふたり)の足音(あしおと)
遠(とお)くに聞(き)こえてくる
冬(ふゆ)の音(おと)に重(かさ)なる
綺麗(きれい)に並(なら)んだ
影法師(かげぼうし)ふたつ
出会(であ)った春(はる)の日(ひ)から
少(すこ)し伸(の)びた君(きみ)の背(せ)


同(おな)じ今(いま)を分(わ)かち合(あ)う僕(ぼく)ら
違(ちが)う明日(あす)を夢見(ゆめみ)てしまった
「それでもいい」と微笑(ほほえ)んだ
君(きみ)の笑顔(えがお)が切(せつ)なすぎて


誇(ほこ)れるほど 何(なに)もできなくて
ただ君(きみ)の傍(そば)に居(い)たい そう願(ねが)うだけ
例(たと)えすべて 消え去(きえさ)ってしまっても
僕(ぼく)らが今(いま)、見(み)つけたもの
この場所(ばしょ)でずっと 光(ひか)り続(つづ)けるから


触(ふ)れ合(あ)う指先(ゆびさき)
流(なが)れ込(こ)む温度(おんど)
君(きみ)とひとつになれる
唯(ただ)ひとつの瞬間(しゅんかん)


見慣(みな)れた町並(まちな)み
変(か)われない僕(ぼく)は
過(す)ぎた季節(きせつ)の中(なか)に
置(お)き忘(わす)れられていた


僕(ぼく)ら離(はな)れ離(はな)れの世界(せかい)で
互(たが)いを知(し)った振(ふ)りをしていた
あの星(ほし)に手(て)が届(とど)く日(ひ)まで
どれだけ想(おも)いを重(かさ)ねるんだろう


溢(あふ)れるほど 君(きみ)が愛(いと)しくて
夜明け前(よあけまえ)の星(ほし)たちに 願(ねが)いを込(こ)めた
やがてすべて 消え去(きえさ)ってしまうけど
最後(さいご)にひとつ 残(のこ)ったもの
微(かす)かな光(ひかり) 僕(ぼく)らが見(み)つけた答(こた)え

キミボシ

試聽 在 KKBOX 中開啟

作詞:40mP   作曲:40mP

【初音ミク】キミボシ(汝星)


バランス違(ちが)いの二人(ふたり)の足音(あしおと)
遠(とお)くに聞(き)こえてくる
冬(ふゆ)の音(おと)に重(かさ)なる
綺麗(きれい)に並(なら)んだ
影法師(かげぼうし)ふたつ
出会(であ)った春(はる)の日(ひ)から
少(すこ)し伸(の)びた君(きみ)の背(せ)


同(おな)じ今(いま)を分(わ)かち合(あ)う僕(ぼく)ら
違(ちが)う明日(あす)を夢見(ゆめみ)てしまった
「それでもいい」と微笑(ほほえ)んだ
君(きみ)の笑顔(えがお)が切(せつ)なすぎて


誇(ほこ)れるほど 何(なに)もできなくて
ただ君(きみ)の傍(そば)に居(い)たい そう願(ねが)うだけ
例(たと)えすべて 消え去(きえさ)ってしまっても
僕(ぼく)らが今(いま)、見(み)つけたもの
この場所(ばしょ)でずっと 光(ひか)り続(つづ)けるから


触(ふ)れ合(あ)う指先(ゆびさき)
流(なが)れ込(こ)む温度(おんど)
君(きみ)とひとつになれる
唯(ただ)ひとつの瞬間(しゅんかん)


見慣(みな)れた町並(まちな)み
変(か)われない僕(ぼく)は
過(す)ぎた季節(きせつ)の中(なか)に
置(お)き忘(わす)れられていた


僕(ぼく)ら離(はな)れ離(はな)れの世界(せかい)で
互(たが)いを知(し)った振(ふ)りをしていた
あの星(ほし)に手(て)が届(とど)く日(ひ)まで
どれだけ想(おも)いを重(かさ)ねるんだろう


溢(あふ)れるほど 君(きみ)が愛(いと)しくて
夜明け前(よあけまえ)の星(ほし)たちに 願(ねが)いを込(こ)めた
やがてすべて 消え去(きえさ)ってしまうけど
最後(さいご)にひとつ 残(のこ)ったもの
微(かす)かな光(ひかり) 僕(ぼく)らが見(み)つけた答(こた)え